設備仕様

より強く、より安全に。建物の価値を永く保つ安心構造。

「サンメゾン次郎丸エルド」では、住宅性能表示制度における「劣化対策等級」の
最高等級3を取得するなど、優れた耐久性を実現。永住を叶える確かな安心をお届けします。

劣化対策等級3 おおむね75〜90年の耐久性レベル。最高ランクの等級3を取得。(予定)

安心を支える強固な基礎構造。 標準貫入試験を入念に行い、建設場所の地盤を確認し、構造計算に基づいた設計を行っています。比較的浅い位置に強固な支持層が存在しているため、スーパーラップル基礎工法により地盤改良を行ったうえ、直接基礎を造り、建物をしっかりと支えます。

スーパーラップル基礎工法(エルニード工法) 建設地での標準貫入試験の結果、支持地盤(N値50以上)が約3.5mの位置に存在している事を確認出来た為、今回スーパーラップル基礎工法を採用しています。スーパーラップル基礎工法は、固化材粉体を用いた地盤改良工法で支持地盤の確認を確実に行える等の特長を持っています。構造基準強度を十分に確保しており均質性の高い改良体を製造できます。

住宅性能表示基準劣化対策等級3※住宅性能表示制度による「設計性能評価」及び「建設性能評価」の等級において建物の耐久性(劣化の軽減)では等級3を取得する予定です。

乾式遮音二重床 コンクリートスラブの上にクッションゴム付きの支持脚を設けて、床仕上げを施す構造。軽量床衝撃音低減性能△LL(Ⅱ)-3(等級LL-45相当)を採用しています。フローリング材は、表面に化粧シートを使用しています。

断熱構造 外気に面する壁や柱、梁の住戸側には断熱材を約20mm〜約40mm吹きつけた上に石膏ボードを貼り付け。さらに外壁に面する部分では折り返し断熱を施します。

溶接閉鎖型せん断補強筋 地震の際の揺れや建物のねじれにも耐えられるように、柱主筋を支える帯筋には継ぎ手部分を溶接した溶接閉鎖型せん断補強筋を採用しました。

防音サッシ T-1(25等級)タイプの性能とは、外部からの音を約25dB下げることを意味しています。例えば、外部騒音レベル50dBが、室内で約25dBに軽減できます。

二重天井 コンクリートと仕上げ面の間に空間を確保した二重天井を採用。電気配線をコンクリートに埋め込んでいないので、メンテナンスやリフォームにも対応しやすくなっています。

フルフラット設計 小さなお子様やご年配の方、また、将来年齢を重ねても暮らしやすいように、住戸内の床段差をなくしました。人の移動はもちろん、お掃除もスムーズに行えます。

↑このページの先頭へ